スタッフ座談会

今日はDFE社のことをまだ知らない方々に向けて、
どんなスタッフがDFE社にいて業務をどんな思いで行っているのかを
知ってもらうためにメインとなる正社員のメンバーにお集まりいただきました。
お仕事への姿勢ややりがいなんかをお聞きしながらDFE社を
より身近に感じて頂くために気楽にお話をしてもらえればと思います。

それでは、みなさんよろしくお願いいたします。

  • OS部 第1課
    スーパーバイザー

    鳥居

  • OS部 第1課
    スーパーバイザー

    三谷

  • OS部
    総務担当

    石岡

  • OS部 第1課
    スーパーバイザー

    大沢

お客様との活発なコミュニケーションがカギ

全員
よろしくお願いいたします。
入社してからの年数なんかは、みなさんばらばらですよね?
三谷
そうですね。
では、三谷さんにまずはお聞きしてみたいんですが、DFE社に入社してみてどんな印象でしたか?
三谷
柔軟性のある会社だと感じました。
というと?
三谷
現場やスーパーバイザー(以下SV)管理と職位は、もちろんのこと分かれてはいるんですけど現場としての意見や、現場を見て感じたSVとしての意見、管理の指示から得た結果なんかも会議や打ち合わせで伝えることができるんです。
より良い結果を見据えて意見交換がしやすいということですね。
三谷
そうなんです。なかなか現場の声が聞き入れられないとか、窮屈な会社も多数あるとは思いますがDFE社は柔軟性があるので、新しい方策や意見を取り入れてくれるんです。
それはいいですよね。鳥居さんはどう思われましたか?
鳥居
意見が言いやすいのと同じで、わからないことを聞きやすいと感じました。些細な疑問だと先輩や上司に聞きにくいことってあると思うんですけど、単純に聞きやすい雰囲気があるし、丁寧に教えてくれる会社だと感じました。
それは仕事がやり易くなりますね。
鳥居
皆がそれぞれ明るく優しく接してくれるので、助かりますね。
スタッフ座談会
総務としての立場から石岡さんにお聞きしたいのですが、そういう環境は皆で意識的に作っているんですか?
石岡
単純に女性が多いというのが理由かなと思います。女性同士が和気藹々と活き活き働いているので、そういう雰囲気になるんじゃないかなぁと思います。
女性と男性ではどちらが多いんですか?
石岡
女性が圧倒的に多いですね。男性は数名です。
そうなんですね。経理の専門家には女性が多いのでしょうか。その辺り今回唯一の男性社員として参加いただきました大沢さんはどう思われますか?
大沢
個人的な感想ですが、女性は男性に比べてきめ細かく丁寧な仕事ができるということと、柔らかな接し方がお客様に対してできるので、DFE社のようにサービスとして顧客に経理業務を提供するという意味では、女性が圧倒的に秀でるのではないかと思います。
女性が多数活躍し、活き活きとしている会社っていいですよね。事務的なお仕事がメインの会社だと黙々と働いているというイメージなんですが、実際はそうじゃないってことですか?
鳥居
私も入社する前は漠然と事務職のイメージは「デスクに向かって黙々と作業する」というものだったんです。けれども先にある通りスタッフ同士のコミュニケーションも活発ですし、だからこそ意思疎通や情報交換も的確に行える。あと社内だけじゃなくてお客様とのコミュニケーションも経理という立場において非常に重要ですので、連絡やお打ち合わせなんかは頻繁に行います。一般的な事務職のイメージとDFE社は真逆になるのかなと。
お客様とのコミュニケーションも大切なんですね。
三谷
作業だけで完結する業務もあるにはありますが、DFE社の経理アウトソーシングはお客様とのコミュニケーションは非常に大切で、そこから生まれた要望だったり意向を納品物や業務に活かしていくこともあります。
ここにもDFE社の柔軟性が出てくると。
三谷
そうです。それらの情報をスタッフ間でも共有して、お客様とDFE社が一丸となってひとつの目標に向かっていきます。「利他の心」というのがDFE社の行動指針にもあるのですが、経理アウトソーシングの根本だとも思っているので、お客様にとってより良い成果物を作るためにDFE社として意見をお客様に出すこともありますし、改善案を提案するということもあります。
ただ発注者と受注者という契約関係で業務をこなしているという感じではないんですね。
石岡
お客様の意見を取り入れて納品物が良くなっていく。そこからお客様の企業成長も見えてくるという、その結果も成果物のひとつのような気がします。
大沢
お客様とのお打ち合わせで、経理に対する要望や欲しい資料がたくさん出てくることがよくあります。そのたびに今まで、それらが少しも前に進まず大変だったんだろうなぁと感じます。
経理担当者に話せてなかったことをDFE社に話せるようになったということですか?
大沢
そうです。どうしても雇われているだけの経理担当者さんは自分の技量の範囲で判断して、後は税理士に任せてしまう。できないことはできないとしてしまい経営者の意向をシャットアウトしてしまうということが多いんだと思います。
経理担当者と経営者のパワーバランスが崩れることってありがちですよね。
大沢
DFE社は、わからない・できないという答えではなく、様々な業種の経理を担当してきたノウハウからお客様にとってよりよい経理業務とは何なのか、経営資料とは何なのかまで一緒に考えて答えをだしていきます。ここまで親身になって経理業務を遂行できる雇われ経理さんは、きっといないんじゃないでしょうか。
経理をアウトソーシングする必要性のひとつがそこにありそうですね。

やりがいは「ありがとう」と言ってもらえること。

鳥居
経理アウトソーシングの必要性という意味では、前任者の急な退職というものもひとつです。退職を機にDFE社に依頼されて、私たちが入って蓋を開けてみるとぐちゃぐちゃに計上されていたりと、かなりやっかいな状態のこともあります。
大変ですよね。引継ぎもなく?
鳥居
引継ぎがある場合でも、ブラックボックスが有ることはよくあります。誰もわかっていないというか、正しいという勝手な判断で進められていることの方が多いんです。それらをきれいに消し込めたりするとやりがいを感じる部分ではあるんですけど。
三谷
それだけでも、お客様に「ありがとう」って言っていただけることもありますもんね。
それはやりがいを感じる場面ですね。他に仕事の上でやりがいを感じる場面はありますか?
三谷
「ありがとう」はスタッフから言ってもらえることもありますし、会社から言ってもらえることもあります。それもやりがいを感じますね。
石岡
お客様からDFE社に頼んでよかったと言ってもらえるときもうれしいです。
大沢
「いつも助かっているよ」とかもじわっと来ますね。
鳥居
あと、担当しているお客様の業績を近くで見ることになるので、そのお客様の業績が右肩上がりになっていると私もうれしく思ってしまいます。
成長を共に喜び合えるって本当にいいことだし、それだけ近くで経営の判断になる資料を作ってるわけですもんね。重要な資料作成を行う上で心がけていることはありますか?
鳥居
経営者の方にとって試算表は、現在地から行先までを見通す地図のようなものだと考えています。だからこそ正確に作成して、ご納品するということを心がけています。
三谷
私は効率化を常に心がけています。あと作業に集中するときは頭で考えすぎないこと。ミスを防げるんです。
石岡
私もミスを防ぐことを重要視しています。
大沢
コミュニケーションに戻る話かもしれませんけど、資料の受け取りの連絡や簡単な打ち合わせの後もメールなどで連絡や議事録を残すようにしています。常にお客様に業務の進捗を見えるようにしておくというのもアウトソーシングという形では重要かなと。
スタッフ座談会
効率化という言葉がありましたが、そのような要望もあったりするんですか?
三谷
たとえば社内の基幹システムと会計ソフトを連動させていくとか、銀行の入出金情報を会計ソフトと連携させて単純入力を減らすなんてこともやります。
いち経理さんでは難しそう。
大沢
目的がはっきりすればするほど、無駄な手順や無駄な資料なんていうものも明確になります。それらの原因は会計ソフトをフルに活用できていないことによることも多いので、三谷のいう技術的な効率化も行いますが、アナログな無駄を省くということは常に行っているような気がします。いち経理さんはマニアックになりがちで、俯瞰で物事を見ることが難しくなってしまい同じような資料や無駄な作業を増やしがちなんです。
DFE社なら、そうならないのが先にある柔軟性などによるものなんですか?
鳥居
それと担当者の向上心だと思います。効率化することは、お客様に直接的なバリューに繋がらないんですが、それによって作業時間が減って、ヒューマンエラー因子を減らすことになり、結果お客様に喜んでもらえることができますので。
なるほど。より良い結果のための効率化なんですね。
三谷
会計ソフトや給与ソフトも進化していますが、その周辺にある販売管理ソフトも進化しています。それらを使いこなすことと、導入することのスピーディさはDFE社が一番なのではと感じます。
石岡
マイナンバーの管理も受託していますが、これらも最新のソフトにて徹底管理を行っています。お客様の既存の従業員の方々からの回収、退職後の管理まで一括してDFE社単独で行えるので漏洩の心配もありません。
それもありがたいですね。従業員の方がエクセルにパスワードかけてってやってますけど、その人が辞めたりどこかに漏らさないとも限りませんもんね。
石岡
なので私たちもマイナンバーを目にすることができないようなシステムを選んでいます。無駄な接触を省くとリスクも軽減できるので。
スタッフ座談会
こういった最新の処理やシステムの導入は専門サービスのアウトソーサーに任せることができると安心ですね。お客様からの要望は他にありますか?
大沢
記帳代行を税理士に依頼して結果を見ることはできていたという経営者さんが、先のことに対して手を打っていきたいとお考えになってDFE社に依頼されるケースもあります。
戦略を練りたいってことですか?
大沢
そうです。所謂、管理会計になるのですが、事業部ごとの業績測定や評価をする際に必要となる数字を集めることなども行います。
その会社独自の数字の集計というイメージですね。
大沢
そうです。結果としての試算表からさらに深堀していくこともありますし、その推移から未来の目標数値を設定することも必要です。それらに関わる資料作りもDFE社にご依頼いただくことは多いです。

経理周りのお手伝いも

雇用している人にそのスキルが無かったら、また新たに募集して採用しなければならないですもんね。
大沢
DFE社なら社内ノウハウを共有できるので、担当者レベルのスキルに依存されることはなくなります。担当者ができないからと言ってあきらめていたような経理周りの資料作成もDFE社なら容易に手に入れていただけます。
鳥居
募集と言えば、人材紹介・人材派遣もご依頼いただいております。
職種はやはり経理に限定されているんですか?
三谷
いえ、様々な職種に対応しています。既存の顧客様から繁忙期に合わせてスポットで一般事務を派遣してほしいというご依頼もあります。
鳥居
営業事務が退職してしまうので誰か紹介してほしいということもありましたね。
大沢
DFE社は、紹介した方の雇用関係助成金の申請のお手伝いも行うんですよ。
それは面白いですね。そんなところまで任せられるのは理想的です。
大沢
紹介手数料は年収の30%が相場だと思いますが、お取引があるお客様に対しては割り引いた手数料にて紹介を行っています。それでも金額は大きくなってしまう場合には、助成金を得るところまで提案し、手配しています。
でも御社は社労士事務所ではありませんよね?
大沢
提携の社労士事務所があります。法律関係なら弁護士や弁理士、もちろん税理士から公認会計士まで、さまざまな士業の方々と提携しているのでいつでもご紹介することができます。
スタッフ座談会
経営者さんが自ら探す必要もないんですね。DFE社と取引するメリットのひとつと言えそうです。
三谷
常に柔軟性をもって、ニーズに応える、どうすれば効率化できるかを考えているのがDFE社なんです。
鳥居
会社の経理さんも素晴らしいとは思いますが、経理周りの次の一手や人脈が必要な手配事項などはなかなかできないことだと思います。だからDFE社の必要性もあると言えるかもしれません。
そこまでできるのかDFE社!と驚いてしまいます。
ここまででDFE社の特長をおさらいしますとDFE社は、
  1. 『女性がいきいき活躍している』
  2. 『向上心と柔軟性がある』
  3. 『管理会計も戦略的な未来予想も一緒に相談し依頼できる』
  4. 『最新のシステムで処理してくれる』
  5. 『社長さんのために親身になって動ける経理さんの集団』
  6. 『経理以外の人材紹介・人材派遣も依頼できる』
  7. 『雇用関係助成金の申請も代行してくれる』
  8. 『信頼できる士業の方を紹介してくれる』
ただ一言に経理部署をDFE社にアウトソーシングするといっても、これだけの特長があると依頼する方も安心だし、もっと会社が良くなると期待できますよね。
最後にお客様に一言メッセージをお願いします!
三谷
時代の変化に柔軟に対応し、御社の成長の力になりたいと考えています。これからもよろしくお願いいたします。
鳥居
お客様のご希望に添えるよう努めてまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。
石岡
ミスのない処理にて長く安心いただけるよう頑張ります。
大沢
経理が安定することが企業にとってなにより大切なことです。変化の激しい時代を一緒に突き進みましょう!
頼もしいメッセージをありがとうございました。経理でお困りの企業の方はたくさんあられるかと思います。一度DFE社にご相談されてはいかがでしょうか?ベストな答えが見つかるはずですよ。
全員
お問い合わせ、お待ちしております!

お気軽に
お問合わせください

電話からのお問合せはこちら

050-1749-6333

受付時間 9:00 〜 18:00(土日祝除く)

WEBからのお問合せはこちら

WEB専用お問合せフォーム